主な読み物

主な連載読み物
土に呟きながら・慣行農で生活をしながら、自然農を知り、それを実験していた百姓の物語。 (全35話)
右手を眺めて ・脳出血で倒れ、右半身麻痺、うつ病、統合失調症になってしまった百姓の闘病記。  (全31話)
生まれるということ・SLEに病んだ妻の出産に関する物語。 (全30話)
小さな記憶・幼い頃、他人の家で育てられた謎の記憶。 (全24話)
親父になる 第一部・26歳で子供を授かり、本当の意味での親父になるまでの物語。 第一部。(全25話)
親父になる 第二部・26歳で息子を授かり、本当の意味での親父になるまでの物語。 第二部。(全25話)
親父になる 第三部・26歳で子供を授かり、本当の意味での親父になるまでの物語。新連載(連載中)

2016年5月15日日曜日

たま子

たま子が逝った。
14年と8ヶ月の命だった。
大型犬だから、人間で言えば、108歳くらいになるという。
天寿を全うしてくれたんだ。

生前、たま子と散歩に行ったんだ。
俺は脚が不自由だから、歩くのが遅いんだよ。
そんな俺を知ってか、たま子は俺の歩調に合わせてくれるんだ。
途中、俺が疲れちゃって、休んでいると、たま子は俺の顔色を伺いながら、足をとめてくれるんだ。


優しい子だったよ。
そんな時は、たま子の顔を、頭を、体を撫でながら休んだっけ。

たま子はね、何をされても嫌がらない子だったんだ。
顔をくしゃくしゃにされても、面白がって口をのばして遊んでも、尻尾を振って、一緒に遊んだんだよ。





安心しきった気持ちが伝わってきたっけ。

たま子はね、猫とも仲良しだったんだ。
猫に乳をあげて、想像妊娠したこともあったっけ。





とにかく優しい子だったなあ。

たま子はね、雪遊びが大好きでね、雪が降ると、喜んで遊んでたっけ。
ぺそが雪かきしてると、一緒になって飛び跳ねてたよ。






たま子はね、家族も好きだったんだよ。
息子のことも、ぺそのことも、俺のことも、みんな好きだったんだよ。





みんな家族だったんだ。
たま子も一緒に家族だったんだ。

オンボロな山小屋の生活だったけど、あったかい家族だったんだよ。
たま子がいたから、あったかかったんだよ。

今、傍らに、たま子が好きだった布団の上で、たま子の亡骸が横たわってる。
今にも俺に甘えてくるんじゃないかと思うほど、安らかに横たわってる。

俺たちに、あたたかさと、愛と、やさしさと、ほかにもいっぱい、いっぱいくれたたま子。
ありがとうね。
安らかに眠るんだよ。

いつかきっと、虹の橋で出会えるから。









コメントは 「掲示板 居酒屋たけ」 にてお願いします。